平成30年度  機械工学科卒業研究実施要項                                平成3010月改訂 


 卒業研究は,これまで学んできたことの5年間の集大成と考えてください.
 計画的に何をやってきたか,どこに苦労して,どんな解決策を練ってきたかなど,何度も失敗しては再度試みる努力の過程で皆さんの創造力が培われます.これは,「就職後や進学後に非常に役に立つものである」と多くの卒業生が話しています.
 「成功の対義語は失敗ではない.何もしないことである.」との言葉があります.よく考えて計画したにも関わらず失敗しても,失敗の経験を活かしてあきらめずに挑戦し続けることで成功を手に入れることができます.したがって,テーマの遂行に対して自主的に行動することが大切です.そして,自分で出した結果の妥当性を考え責任をもつことが重要です.

 専攻科進学者および大学進学者は,特に自分で研究を展開するという意識を持って取り組むようにして下さい.
研究とは,その過程の努力はもちろん結果としての成果が問われます.目的をしっかり吟味して,それを達成するためにどうすればいいか,しっかりとした意識を持って取り組みましょう.

以下のスケジュールで,進捗状況報告,中間発表,論文審査を行います.
初めて取り組むことが多いはずです.皆さんがこれまで授業で行ってきたことを基礎として,いろいろな意味で高いレベルが要求されます.指導教員の先生と常に連絡を取って,充実した卒業研究としてください.

卒業論文関係事項

年月日

内容

テンプレート
作成・提出など

備考

 中間報告会

2018
11
9日(金)
3, 4
 

1.発表セッション:
13
0015:00
レクチャーホール
発表1テーマ3分(時間厳守)
2.
ポスターセッション:
15
0016:10
電気機械棟2階廊下

プログラム

1.発表セッション
2.
ポスターセッション
2セッションがあります.

論文
提出締切

2019
2
1日(金)

提出先:機械事務室
受付時間:14:0015:00
【時間厳守】

卒業論文
作成要領

背表紙作成エクセルソフト.xls

21
28 

 機械工学科教員による
論文査読

 

返却後,修正して最終試問の際に持参する

概要
提出締切

2019
2
20日(水)

提出先:機械事務室
受付時間:14:0015:00
【時間厳守】

概要
テンプレート

1部(A42枚)
1. A3
コピ−13
2. PDF
ファイル

最終試問

2019
2
23()

会場:1MC HR
控え室:5M HR

 

2人:発表10分,質問6

1人:発表7分,質問4

 

終了後5M HRにて結果発表

プログラム

修正済み「論文」を持参して回覧する。試問時に「概要」の不備などを指摘するので,各自「概要」と「筆記用具」を持参のこと。

エビデンス
提出締切

2019
2月27日()

担任へ提出

パワーポイント資料
概要修正版

PDFファイル)

知的財産の関係で非公開情報がある場合は指導教員とよく相談すること。