大分高専 機械工学科

大分高専HP Topへ

機械工学科の学習カリキュラム

機械工学科の教育プログラムです。どのような授業があるか参考にしてください。

2014年12月19日更新

機械工学科の分野

機械工学科に関する科目は大きく8つの分野があります.本校では8つの各分野をそれぞれ専門とする教員がいますので,機械工学に関する技術を幅広く学べます.


授業実施計画

本年度の授業実施科目の一覧をご覧いただけます.機械工学の重要な科目は必修科目となっており,卒業・就職斡旋を受けるためには必修科目単位の取得が条件となります.

低学年からの専門教育

本校では低学年から専門教育を導入しています.高学年になるほど専門教育主体の授業となりますが,高専5年間,専攻科まで含めると7年間の一貫した専門教育を受けることができます.
4年生からはJABEE教育プログラムを自動的に受講することとなり,世界水準の教育を受けることができます.各授業の学習内容は担当教員までお尋ねください.

履修科目の流れ

本科5年間および専攻科2年間で履修する科目の流れをご覧いただけます.分野別に系統的な科目配置がなされています.科目系統図はコチラから

充実した設計製図

機械工学科では”ものづくり”の基本である「設計」と「製図」教育に力を入れています.充実した設計・製図のテーマで身につけた設計製図の力は,日本の技術を支える企業側にとって大きな魅力となっています.また,機械工学科の設計・製図では3DCAD製図を導入しています.3DCADは情報化された設計業界において不可欠な技術となっています.機械工学科では,手書きによる設計製図の基本教育を尊重しつつ,最先端の技術教育を実施しています.

理論と実践による実験実習

機械工学科では,各教員がこれまでの研究経験・企業経験に基づいた実践的な実験実習テーマを実施しています.1年生から機械加工実習やメカトロニクス教育を導入し,3年生からは授業で学んだ各専門科目の理論を実践に結びつけるテーマを実施することで,応用力と問題解決能力を養います.