大分高専 機械工学科

大分高専HP Topへ

メッセージ

2019年5月28日更新

                                         
機械工学科 学科長
菊川裕規 教授

私たち機械工学科は,ものづくり日本を支える未来の機械技術に携わるエンジニアをつくる高等教育 機関として,社会的使命を果たすことに全力で取り組んでいます。

機械工学は,身近な製品や技術に関係した沢山の興味深い学問を取り扱っています。 自動車・航空機 ・電車などの乗り物,カメラ・スマートホン・医療機械などの精密機械,さらに宇宙空間や海底で用い る人工衛星・ロケット・海底探査機,農業機械や植物工場などの一次産業に係わる分野まで、それぞれ専 用の機械が開発生産され、社会のあらゆる場面で活躍しています。未来技術とされていたロボットも産業 用として開発されてきましたが,時代の流れの中で,家庭や社会でも普及が始まっており,この開発にも 機械工学のあらゆる学問が活用されています。

私たちの学科では,機械の動きを解析・制御する技術,材料をうまく利用する技術,加工や製作の技術, 熱やエネルギーを利用する技術,水や空気の流れを利用する技術に加えて,機械技術を体得するために, 沢山の時間を実験や実習に使っています。 また,学科で保有する各種設備や装置も常に最先端の製品に更 新しています。機械工学科に興味を持たれた皆さんは,是非一度,こちらに足を運んで頂き, 自分の目で それを確かめて欲しいと思います。

私たち機械工学科は,明日の技術に直結する実践力を身につけるために常に進化をしている学科です。機 械に係わるものづくりに関心のある生徒や学生が個性を発揮しながら未来技術を創造することが出来れば, 私たちの教育目標が達成されたことになります。 皆さんの当学科へのアプローチをスタッフ一同,心待ちに しております!

機械工学科の概要 (上をクリックすると大きくなります.)