受験生の皆様へ 在校生の皆様へ 保護者の皆様へ 地域・企業の皆様へ 卒業生の皆様へ
HOME>トピックス

 大分高専、高専ロボコン2016全国大会で準優勝!

平成28年11月20日(日)に東京両国国技館で行われた「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2016」に、本校は九州沖縄地区大会での優勝チームとして出場しました。

大分高専チームのマシン「烈覇」は、1回戦で、ロボットを載せる新大陸に渡す「橋」が折れ、ロボットが転倒するというアクシデントがありましたが、審査員判定で2回戦に勝ち進みました。

続く2回戦では、橋を修理し、転倒したロボットも問題が無かったため、普段通りの競技をすることができましたが、対戦相手の明石高専が先にボックスを5段積んで高さ200cmとしたのに対し、本校も終了直前に6段240cm積み上げましたが、段差が十分でないという判定で3段までが認められたものの高さ120cmで敗北しました。

しかし、ワイルドカードで選ばれて準々決勝に進むことができ、富山高専本郷キャンパスを相手に5段200cmを積み上げ勝利し、準決勝に進出しました。

準決勝は、今大会2回戦で8段320cmの大会記録を出した昨年度優勝・ロボコン大賞受賞の強豪奈良高専との対戦でしたが、奈良高専がトラブルでリトライとなり、本校は6段240cmを積み上げて決勝に進みました。

決勝は、香川高専高松キャンパスとの対戦で、どちらも6段240cmを積み上げ、審査員による協議の結果、再試合となりました。2試合目では香川高専が6段240cmに対し、本校はマシンの不調により箱を積むことができず敗戦、準優勝となりました。

応援席ではロボ研部員が同窓会、後援会、ロボ研部OB・OG等と協力し合って応援し、会場を盛り上げました。また、大分高専では、初めての試みとして、校内でパブリックビューイングを行い、学生、保護者、教職員等、約100名が応援に駆け付け、ライブストリーミングを見ながら熱い声援を送りました。

部員たちは、全国優勝を目指して頑張ってきましたが、あと一歩のところで優勝を逃してしまいました。来年こそは、今回の経験を活かして全国優勝できるよう頑張っていくとの決意を新たにしました。

同窓会、後援会をはじめ、関係者の皆さまによるこれまでの暖かい応援、誠にありがとうございました。

出場した学生は以下の通りです。

出場メンバー:佐藤 恵(4E)、廣田 尚樹(3S)、池田 圭佑(2M)

ピットクルー:門脇 祐斗(5S)、池田 一貴(4E)、神田 敬佑(4E)、高田 崇介(3M)、西川 創太(3M)

高専ロボコンホームページ

パブリックビューイング(大分高専)

パブリックビューイング(大分高専)