受験生の皆様へ 在校生の皆様へ 保護者の皆様へ 地域・企業の皆様へ 卒業生の皆様へ
HOME>トピックス

 東京演劇集団「風」の演劇公演を実施

平成26年11月19日(水)13時30分から東京演劇集団「風」による『ヘレン・ケラー 〜ひびき合うものたち〜 』を本校の第一体育館で実施しました。

内容は、2歳の誕生日を迎える前に突然の病気で視覚・聴覚・言語に障害を抱えた主人公のヘレン・ケラーと家庭教師のアニー・サンバリンが全身でぶつかり、障害の有無を越え生きることの楽しみを覚え始めるところを描いた物語です。

今回の公演で「演劇の持つ力強さ」に圧倒されながらも、学生たちは舞台に吸い込まれたように見入っていました。

東京演劇集団「風」の皆様、感動をいただき誠にありがとうございました。今後のご活躍を期待しております。

学生主事挨拶

アニーと盲学校の校長

公演中のアニー・ヘレン・家族

公演後の挨拶