受験生の皆様へ 在校生の皆様へ 保護者の皆様へ 地域・企業の皆様へ 卒業生の皆様へ
HOME>トピックス

 テレビで足踏みミシンボランティア活動が紹介されました

NHK大分放送局から取材を受け3月4日「ミシンの日」に足踏みミシンボランティア活動が紹介されました。

「ミシンの日」の由来は、一般社団法人日本縫製機械工業会が1990年(平成2年)にミシン発明200周年を記念して制定されました。 取材・放映の詳細は以下のとおりです。

  • 【取材内容】 大分高専足踏みミシンボランティア活動
  • 【取材日時】 平成26年3月4日(火曜日)
  • 【番 組 名】 九州・沖縄NHKニュース(九州沖縄エリア)
  • 『中継 高専生が継ぐ足踏みミシン』18:14分〜18:18分
  • 【テレビ紹介内容】 足踏みミシン修理の分解・整備・組立の行程などを紹介
  • アナウンサーからの「活動のやりがいについて、どんな所がありますか?」との質問に対して、吉武 愛佳さん(代表学生)は、「ほとんど、動かない足踏みミシンが届き、その足踏みミシンを自分達できれいに直して、その本来の足踏みミシンの美しい姿に甦らせることに、すごくやりがいを感じます。」と語りました。

-------------------------------------------------------------------------------------
  • 【番 組 名】 NHK「しんけんワイド大分」(大分県域)
  • 『中継 高専生の技術で足踏みミシン復活!』18:38分〜18:43分
  • 【テレビ紹介内容】 足踏みミシン修理の行程などを紹介
  • @『分解』パーツは20〜40ほどあり、故障の原因は汚れや錆によるものである。
  • A『整備』パーツ部品を磨き修理して使えるパーツだけ残し利用する。足踏みミシン天板部分が腐食等で使えない場合は、パソコン(専用ソフト)を利用して作製する。
  • B『組立』修理済みの部品が整ったら組み立てる。(初心者は、組立マニアル手順書を参考にして組み立てるが、経験を積み3年もあれば、手順書を見ずに組み立てられるようになる。)
  • アナウンサーからの「どんな事が勉強になりましたか?」との質問に対して、うの わかば さん(代表学生)は、現地に送った足踏みミシンを利用してマットなどの生活用品を作って、それを販売し生計を立て、今まで学校へ行けなかった子どもたちが学校へ通えるようになったことで、自分たちのボランティア活動が社会に貢献が出来ている事を学びました。」と語りました。

    【出 演 者】 大分高専足踏みミシンボランティア学生

    番組ホームページ:NHK大分放送局『しんけんワイド大分』

足踏みミシンを利用して布切れで作製

県内外から寄贈された足踏みミシン

表彰を受けた賞状や新聞記事等

ミシンの天板もパソコンを利用し作製

1920年(大正9年)の取扱い説明書(右側)

足ふきマット(左上)・雑巾(右上)

NHK大分放送局の撮影スタッフのみなさんと