受験生の皆様へ 在校生の皆様へ 保護者の皆様へ 地域・企業の皆様へ 卒業生の皆様へ
HOME>トピックス

 第8回全国高専テクノフォーラムを開催しました

第8回全国高専テクノフォーラムが8月18日・19日の2日間にわたり、大分市のコンパルホールを会場に開催されました。

全国高専テクノフォーラムは、国立高等専門学校機構の主催で、産学官・地域連携をテーマに毎年開催されており、平成15年度に北海道地区で第1回目が開催され、その後、順に開催地を南に移し、全国8地区の最後となる8回目の今回は、九州沖縄地区の高専が担当で大分高専が世話校となりました。

今回は、「高専の研究力・連携力/〜その展開とイノベーション〜」をサブテーマで開催され、全国の高専関係者、企業関係者、自治体関係者、大学関係者など約350人の参加者があり、大変盛況でした。

開会にあたっては、高専機構 林理事長、大城実行委員長(大分高専校長)の開会挨拶に続き、次の来賓の方々から祝辞のお言葉をいただきました。

      
  • 経済産業省 九州経済産業局長 滝本 徹氏
  •   
  • 九州地方知事会会長 大分県知事 広瀬 勝貞氏
  •   
  • 九州市長会会長 大分市長 釘宮 磐氏(代理:磯ア 賢治大分市副市長)
  •   
  • 文部科学省 研究振興局研究環境・産業連携課技術移転推進室長 橋爪 淳氏

続いて、次の3名の方から、それぞれのテーマにより基調講演を行っていただきました。

      
  • 経済産業省九州経済産業局長 滝本 徹氏
  •    
    テーマ:「ものづくり先進地域九州の挑戦」
      
  • 高専機構 五十嵐 一男理事
  •    
    テーマ:「高専における産学・地域連携の現状と課題、その解決に向けて」
      
  • 平田機工株式会社代表取締役会長 平田 耕也氏
  •    
    テーマ:「グローバル化進行市場における事業展開」

午後からは、全体パネル討論Tとして「地域産業政策・地域ニーズと高専の産学官連携」を討論のメインテーマとして次の3名による話題提供の後、参加者による総合討論を行いました。

      
  • 大分高専 清水 啓一郎教務主事
  •    
    テーマ:「大分県の産業政策と本校の取り組み」
      
  • 株式会社トヨタ車体研究所 業務統括部 部長 上別府 徹氏
  •    
    テーマ:「高専の産学官連携協力会組織の現状と将来展望について」
      
  • 鈴鹿高専 江崎 尚和教授
  •    
    テーマ:「鈴鹿高専における産学官連携−SUZUKA産学官交流会との10年の歩み」

また、引き続き、全体パネル討論Uとして「出口を見据えたプロジェクト(成功事例)」をテーマに次の4名による話題提供の後、参加者による総合討論を行いました。

      
  • 佐世保高専 長嶋 豊教授
  •    
    テーマ:「共同教育による『もの創り』で地域連携から国際連携へ」
      
  • 北九州高専 久池井 茂准教授
    株式会社セントラルユニ メディカルシステム部 松本 純氏
  •    
    テーマ:「システムLSIを用いた医療用高速・高精度ロボットシステムの研究開発」
      
  • 富山高専 袋布 昌幹准教授
  •    
    テーマ:「生体内物質循環をヒントにした新発想エコソリューション
    〜建設廃棄物リサイクルを中心に〜」

いずれの総合討論においても、会場からは活発な質問や意見があり、内容の濃い議論が行われました。

2日目には、「出口を見据えた産学連携(成功事例)」、「環境・エネルギー問題への取り組み」、「人材育成への取り組み」、「一般研究成果」に関する4テーマの口頭事例発表が5会場であり、熱心な質疑応答、意見交換が行われました。  また、パネル展示会場においては、機構本部、高専、大学及び企業等から多数のポスター・資料が展示され、コアタイムには活発な質疑応答が行われました。

第8回全国高専テクノフォーラムにご参加いただいた方々、並びにご協力いただいた企業・団体等の方々、また、後援を行っていただいた官公庁、法人、報道機関等各団体に心より感謝申し上げます。 次年度は東京高専が世話校となり開催される予定です。今回同様、皆様のご参加とご協力をお願いいたします。

 

林高専機構理事長の挨拶

大城大分高専校長の挨拶

滝本九州経済産業局長の祝辞

広瀬大分県知事の祝辞

磯ア大分市副市長の祝辞

橋爪文部科学省研究振興局研究環境・産学連携課技術移転推進室長の祝辞

滝本九州経済産業局長の基調講演

五十嵐高専機構理事の基調講演

平田機工平田代表取締役会長の基調講演

全体パネル討論T「総合討論」

全体パネル討論U「総合討論」

口頭事例発表

口頭事例発表

口頭事例発表

ポスター展示コアタイム

 

 

ポスター展示コアタイム